コンビニ人間ベム

 芥川賞も第155回目だそうだ。近ごろ芥川賞に受賞された小説を読んでみた。著者、村田沙耶香の『コンビニ人間』である。

f:id:kuzumo863:20160813071246j:image

 

 私自身も学生時代にコンビニ店員として働いていた時期があり、懐かしい思い出に浸ってやけにジジイになった気分になって気になってポチることにした。この著者自身もコンビニ店員として働く傍ら小説家でもあるらしい。

 18年もの間、コンビニ店員で居続ける30代独り身の女性、古倉さんを通して“普通の人間”が“普通”である事をとことん追い求める異様な執着心、“普通でないこと”に対する嫌悪、また“異常”であるが為に排除される側の苦労を作品からひしひしと伝わってくる。

 

 “普通教”とでも言っておこうか、“普通”である事、いわば“普通神”を唯一絶対の神として崇め祀り、『南無普通神……』と“普通経”とか“普通教典”を陰で人知れず唱え、「“普通神”は絶対なり!」と心の内で叫ぶ。偶像崇拝は厳禁である。“普通”から外れる事を極端に嫌い、お互いに異端者ではないか探りあって確かめ合う。異端者であった場合、それを指摘し“普通教”に準ずるよう相手に躊躇なく絵踏みを促し正しく認識させ、また“普通神”を崇め直す。“普通教”に背いたムラ社会の者は奇人を見る目で見られ逸れとなく距離を置かれ、ムラ人達にあいつはちょっと変わっとるからのう、奇人じゃぞと陰で揶揄される。これはもはや一種の信仰かもしれん、そんな風に思える。“普通教”は世界中どこにでもある普遍的な“宗教”であるし、他国にいけば他国のムラ社会での“普通教”が存在するというわけだ。何という事だ。世界三大激ヤバ宗教の一つ、空飛ぶスパゲッティーモンスター教よりも恐ろしい存在ではないか。


f:id:kuzumo863:20160813104725j:image


f:id:kuzumo863:20160813082430j:image

 

 

 読了後、一つ気になったのが“普通”から外れた存在である厄介な客やクレーマーなどの存在が大して描かれていないんだなということ。内容が非常にコンパクトに描かれてあり、人物の感情描写もさほど感じず、マニュアルで従うロボットっぽい古倉さんの視点を通して淡々と描かれるので人間としての息遣いが存分に感じられず、全体的に無味乾燥としたある意味そういう点でもコンビニっぽい形をした小説でもあると思う。すいません、自分でも何言ってるのか解らない。

 

 私がコンビニ店員をやっていた時に、深夜勤だったからかそういう人達は少なからず居たし、そういう客から普段見えない闇の部分を読む前に少し期待していたのである。


f:id:kuzumo863:20160813105029j:image

 

 私が体験した目立った客を例に挙げると、まずアル中のジジイ(60代)である。店員によく絡み、レジにはたいてい安い瓶酒を買いにきて、女の店員にはセクハラまがいの事を言うジジイがいた。店員からは“アル中”と裏で呼ばれ鬱陶しがられていた。私が作業していると“アル中”はよく絡んできた。

 ある日、アル中に「一緒に飯行かないか」と誘われた。勉強があるんです…!とそれらしく言い繕い、本音は面倒くさいので断った。私用でアル中と関わる事だけは避けたかった。そしたら次の日、餃子の差し入れを渡してきた。毒でも入ってるんじゃないかと疑いの後、当時学生でアフリカの子供ぐらい飢えに苦しんでいた私はそれを食べることにした。幸いに毒は入ってなかった。満腹後の私は、アフリカの子供が苦しんでいるのかどうかも知ったことではない。アル中とはそんな妙な仲であったが、ある時、やたらと私に絡んできて、作業どころではなくなった。舐められやすい質である私の肩に手をまわしてきて少なからず殺意が湧いた。それを裏で見ていた店長が飛んで出てきてアル中が「qぁwせdrftgyふじこlp;」などと意味不明な言動を発し、口論になった。しまいにはアル中はコンビニを出入り禁止になった。結果的に“アル中”を出禁にしたことが私のコンビニ業績の一番の快挙かもしれない。f:id:kuzumo863:20160813095504j:image


f:id:kuzumo863:20160813095956j:image

 他には、毎朝エロ本を買いに裏に向けてレジに置き、私が表に直すと小言を言ってくるジジイとか。何かに機嫌を悪くしたのか退店時にドアを蹴って出ていくジジイとか。ジジイばっかりじゃねえか、おい。

 

 

 

 

“普通”ではない人間が迫害を受けない為に仮面をつけて“普通”であるふりをして凌いで生きていく“普通”の人間の本質を描いた小説である。 

 

 

 

 

シャンハイハイ

上海の街、夜景…一度見回したら十分だろう
f:id:kuzumo863:20160808213656j:image

豫圓…歴史を感じる街並み、土産物屋が多い

f:id:kuzumo863:20160808214244j:image

 

 上海タワー…外観から別名、タケノコタワー、そんなことはまるでない

f:id:kuzumo863:20160808213709j:image 
f:id:kuzumo863:20160808215134j:image

 蘓州…蒸し暑い、臭い 

f:id:kuzumo863:20160808214150j:image

 

小篭包…肉汁がウマい、こぼれ落ちてゆく肉汁の一滴すら惜しい 
f:id:kuzumo863:20160808213752j:image

 

牛麺…麺太い、鍋に麺を入れたような料理、日本の拉麺の方がウマい
f:id:kuzumo863:20160808213907j:image

外灘…西洋建築の街、人で賑わっていた
f:id:kuzumo863:20160808214826j:image

 ゲリラ豪雨が降ったので泣きながら歩きました 

f:id:kuzumo863:20160808215004j:image


f:id:kuzumo863:20160808221511j:image

 

感想…帰国時に航空機から出た後の静けさに正直驚いた。蝉の声は聞こえなかったが、松尾芭蕉でもこの静かさに驚くに違いない。大げさに思うかもしれないが日本人の喋り声が彼らと比べると囁いてるようにすら映った。中国人は電車でも無遠慮に大声で喋りまくる事が常だった、彼らは“沈黙”という概念を知らないのだろう。今回誘われて行ってみたけど、また誘われたとしてももう結構です、というのが正直な感想だった。

蝉の話


 巷で話題のベストセラー本を読み終わった。アドラー心理学関連で有名になった『嫌われる勇気』である。
 自己啓発本は昔から苦手意識があった。“こうすべき”だの“ああしろ”だのと書かれててその瞬間は「なるほど」、「へえ」と感心しつつ、ああ面倒だな、明日になったらどうだ、何か言ってたなしらんけど、でそのうち忘れて記憶から消えている事が多い。だいたい内容が薄いから余韻が残る事も少ない。だがこの本は思いのほか楽しむことができた。読む前はまた胡散臭い自己啓発本かね、まあベストセラーなら読んでみるか、と斜めに構えていた。良い意味で裏切られた、頭の遥か上を越えていった。予想外の出来事だった。 
 内容は、幸福とは何か、人間関係はどうあるべきかとかそういった哲学によくありがちな問いをテーマに“青年”と“哲人”の対話形式でアドラーの心理学を基に導かれてゆく。

青年『論破してやる、ええい』
哲人『うむ、ほれ』
青年『ウワー……』『…なんやワレ許さんで、これで論破や』
哲人『ほう…、ほれほれ』
青年『アー…※▲◇×●▽※□…』

 対話の流れはこの感じが延々と続く。“青年”が蝉のように仰々しく喚きながら飛びかかり、それを“哲人”が華麗に受け流して煩い蝉をサッと投げ返す。延々と続く長いその対話の道を、“哲人”と“青年”の跡を目印にしてフラフラと歩み進めてゆくことになるが、途中で読者によっては引き返すかはいざ知らん。ただ哲学系統の本は鉄球を飲み込むような難解そうな感覚でいたので敬遠してたけど、なるほどこれはベストセラーになるわけだ、中身が水のように飲みやすいし、目から鱗の考え方であり、読み物としてなんやこれ面白いやんけ、こういうことになった。小説だとつまらぬ描写に途中で寝てしまいがちな近頃の私であったが、読書の面白さを思い出させてくれた。そういう意味で夏休みも近いし、蝉も鳴いてるし、関係ないけど勝手に読書感想文でも書くか、こうなった次第である。 

  

砂の国 


f:id:kuzumo863:20160502231150j:image

鳥取といえば砂丘が有名。行く以前は私も砂丘ぐらいしか思いつかなかっただろう。だが砂丘から少し歩くと美術館がある。“砂の美術館”が私の目を惹いた。文字通り、展示物は砂で出来ており緻密な造形を眺めていると「凄い…」正直この言葉しかでてこない。迫力があり、見ていて飽きがこない。今回は南アメリカの文明、文化、歴史がテーマとなっていた。過去にはロシア、ドイツ、東南アジアといった各国もテーマになっていたようだ。

f:id:kuzumo863:20160502224847j:image
美術館入り口。

f:id:kuzumo863:20160502225628j:image
イエス・キリスト像。顎が何か長いような、こんなもんだったか。

f:id:kuzumo863:20160502225826j:image

f:id:kuzumo863:20160502225900j:image
ジャガーVSワニ。 

f:id:kuzumo863:20160502230501j:image
むかつく顔してる信者。 


 一部に過ぎないが、ほんとによく出来ている。感心せずにはいられなかった。砂丘もいいが、機会があったら砂の美術館はお薦めできる。

トツトリの名山地

日本百名山、鳥●県の大山登頂達成。大山と書いてダイセンという。標高は1700m台。緑豊かななかに悠然と聳え立つ大山の姿にいく度も心を奪われることがあった。当日は空がどこまでも青く澄み渡っていた。気持ちの良い登山日和だった。頂上近くまで登ると強めの冷たい風が汗ばんだ体に吹きつけた。あやうく風邪を引きかけた。避難小屋で寒さを凌いだ。GWの為、登山客は多い。個人で行ったが団体のごとく頻繁に列に混じって歩くことになった。下山時には、脚の疲労から足を踏み出すたびに膝がプルプル震えたり、砂利に足を滑らせ転けたり、非常に登りがいのあるよい山だったとおもう。

f:id:kuzumo863:20160501214908j:image

f:id:kuzumo863:20160501220533j:image

f:id:kuzumo863:20160501214941j:image

f:id:kuzumo863:20160501215005j:image

ああアアアア嗚呼ああッアアああ吁あ吁あああ阿阿阿阿阿阿阿阿阿阿!阿阿阿アアア嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼アア嗚呼ああアアアアアアアアアアッ!

心ここにアラブ

心の病です、と言われても結局どこの病気だよと思う。心は脳にあるのか、じゃあ脳の病気か、いや脳には異常がありませんと医者は言う。なら、心の病気とはなんだと、別に哲学をしたいわけじゃない。曖昧な症状を何となく項目に従ってあてはめて病名と一致させてそれで安心させる。それで患者もそう思い込んで納得し医者に従う。言ってしまえば心の病とはそんなものではないか、『ストレス社会』といいつつ皆が皆、私自身も心とか精神とかストレスとかそういうものに過剰に反応し過敏になりすぎている、そんな気がしつつある。『ストレス社会』なんて嘘だと思う、言ってしまえばいつの時代でもそうだといえるし、疫病やらが蔓延する平安時代、いつ殺されるかわからん戦国時代の人々のストレスの方が相当なもんだろう。