『夢現』

「私、おかしな夢を見ましたわ。」

と、言った葉子は静まり返った暗闇のなか、ベッドの上で徐に裸体の身を起こした。

「夢…?一体どんな夢を見たっていうんだい。」

と横から覗き込むようにして倉谷が不思議そうに聞き返した。カーテンの隙間からは月明かりが仄かに部屋を照らしていた。窓の方を見つめる葉子の後ろ姿は暗くて判然としない。だが、葉子はどこか儚げな印象を描くように華奢で柔和な形状の体つきであり、艶やかな長髪の滴りかかったその前方には調和のとれた小じんまりとした乳房が保たれてあり、すらりとした脚には月明かりと相まった美しい肌の白さが如実に表れていた。 

「私が死んだ後の世界ですわ。」

 葉子はそう答えると、一旦踏みとどまり、気を持ち直してまた歩みを進めるかのように長々と語り出した。

「死んだ後、私は川の畔に立っていて川岸の向こうには人影が見えましたの、現れたその人は…、今となっては懐かしい人でして……あれが三途の川かしら。橋が掛かっていて普通は渡るんでしょうけど。でも、私、川の流れてくる先がどこに繋がってるのか途端に気になり出して、手招いていたその人には申し訳ないけど無視して川沿いを歩いていきました。沢山の草花が生い茂っていて河原には小石が積み上げられていたのをよく見かけましたわ。いつの間にか辺りは仄暗く深い森に囲まれていて、たしか…何かに導かれて夢中で歩き続けていたかしら…。やがて、さざ波の音が聞こえてきて右手には何艘か渡し船が見えました。あらゆる事物を包み込んでしまいそうな黄昏の空と白波の立った荒れた海、陸では何かを囲んで群衆の列が果てしなく続いていましたわ。本当に私、驚きましたの。怪しく思いながらも並んでみることにしたけれど、あることに気付きました。一つ前で並んでる人の容姿が私と瓜二つなんですもの。どうやら誕生してから死ぬまでの“私”が並んでいる様でした。他の人も同じではないかしら。霊魂になった私って一体いつの時代の“私”をいうのでしょう。列の真ん中には大きな白い椅子とそこに座っている一人の人物が見えました。一目見てなにか…神聖で…侵すことのできない存在なのかもしれないと思いましたの。あの光景が異国で信じられている最期の審判というものかしら…。異国の信仰について詳しいことは私、存じませんわ。でも、生まれてから死ぬまでの年齢の“私”がその列に加わっているんですもの。その審判を受けるまでの間のことを思うと私、気が遠くなるような心地がして、そこから逃げ出したんです。走っている間、なにか背徳のような心が芽生えましたわ。そして何者かに追われているような気にもなって…、私、来た道を必死に引き返しました。すると、そこで目が覚めましたの。」

 葉子はここまで語った後、ベッドに横たわり再び眠りに着いたのである。朝、目覚めると倉谷の傍らに眠っていた筈の葉子の姿はなかった。倉谷は暫くぼんやりと佇んだままだった。それまで滞っていた血流が再び活動し体内を巡り巡ってゆくように彼が正気を取り戻すまでには多少の時間を要した。彼女を喪ってから一年が経過していた。窓越しに外を眺めると、紺碧の空は高く位置し遠くまで澄み渡っていた。風が微かに吹きつけて揺れ動いた白樫の若葉が一枚舞い落ちてゆく光景が倉谷の瞳に何処となく鈍重に映り込み鮮烈な印象を与えた。時の流れが恰もその須臾の為に遅れていたかのように。数日前までさんざめいていたほどの蝉時雨はいつしか陰を潜め、物淋しげな蜩の鳴き声が控えめに響き渡り、倉谷の哀愁を誘いつつも初秋の訪れを告げていた。