半生

 

肉体はいつかの若さだけを取り残して、精神は屈折し疲れ果てた変な老人になってしまった。この相互の軋み合う感覚がいつまでも私の内の深い部分に根を下ろし、指針のように時を刻み続けている。