駆けよ、不動の虎よ

やや久方振りに更新。ブログ更新していない間もしこしことプラモ製作に勤しんでいたのだ。といっても作っては放置、塗装しては放置していたのでなかなか仕上がらずにいた。今回はWW2時のドイツ軍重戦車、Ⅵ号戦車ティガーⅡ タミヤ製を製作。

f:id:kuzumo863:20171105212545j:image

ティガーⅡはWW2当時、砲撃威力や装甲防御力ともに最高レベルで最強の戦車といえる存在であったが、燃費や機動性の悪さ、故障なども多かったようである。敵が来たら撃つ、重量級の不動の虎である。荒々しく大地を駆け抜くような虎ではない。

f:id:kuzumo863:20171105213653j:image


f:id:kuzumo863:20171105213009j:image

ティガーが虎なら、T-34はデカめの犬ぐらいの大きさだろうか。

f:id:kuzumo863:20171105213043j:image

油絵を模型に初めて使って見た。もう最後は「ええい、泥で汚してしまえ」という心持ちになって何だか汚くなってしまったけど。
f:id:kuzumo863:20171105213112j:image


f:id:kuzumo863:20171105213152j:image

でわでわ。

 

戦場で駆けるゾンビ

 20XX年、フランス北西部に位置するノルマンディー地方はかつて無い脅威に曝されていた。この地は温暖な気候に恵まれており、豊富な農作物や海産物が穫れ、またリンゴを原料としたシードルやカルヴァドスといった林檎酒の名産地としても知られていた。だが、第二次世界大戦が始まるとやがて戦火に巻き込まれ、数多くの戦没者が生まれた土地でもあった。当時、ナチスドイツ軍の侵攻を受けていたソ連軍の要請があり、独側の占領下にあったノルマンディーに向けて連合国軍による上陸作戦が行われた。戦争映画『プライベートライアン』の冒頭シーンではオハマビーチでの銃撃戦の凄まじさが私の脳裏に焼きついている。
f:id:kuzumo863:20170913154543j:image

 ここからは上陸からパリが解放された後の物語(創作)である。いまでは誰もがご存知の通り、ナチスドイツではユダヤ人に対するホロコーストが行われていた。強制収容所に連れられた人々は人体実験を強制的に受けさせられた。被検者は死亡もしくは障害を負わされたが、秘密裏に生物兵器としてのT-ウイルスの研究が進んでいた。ある日、何者かによって施設内でT-ウイルスが漏洩し、拡散。感染した内部の者がゾンビ化し、結果的にウイルスは街にまで蔓延した。そう、このプラモデルは『バイオハザード』である。しかし、本家ではなく、バイオハザードもどきであると言わなければならない。主人公アリスに似た謎の女戦士とゾンビの戦いの物語なのである。

f:id:kuzumo863:20170912183510j:image

 謎の女戦士は生まれも育ちもなにもかも謎に包まれた人物である。顔はともかく出で立ちはアリスにひどく似てやしないか。(色はそれっぽく似せた。)

f:id:kuzumo863:20170912184510j:image

f:id:kuzumo863:20170912183833j:image

f:id:kuzumo863:20170912184044j:image

 謎の女戦士が乗っているバイク、これはノルマンディー上陸作戦時の米軍のものであると窺える。(悲しいかな、パッケージに女戦士と共に描かれているバイクはどこにも入ってなかった為、イタレリ社のやつを採用。)
f:id:kuzumo863:20170912185347j:image

 では、次にイかれたゾンビ共を紹介をしたい。

口から触手のようなものを出しているのはサイコパス体育教師 ダニエル。
f:id:kuzumo863:20170912185921j:image

嫌がらせ大好きお局ナースのバーバラ。

f:id:kuzumo863:20170912190103j:image

会社員、パワハラ上司 カール。

f:id:kuzumo863:20170912190252j:image

街の奇人、清掃員 アマンダ。

f:id:kuzumo863:20170912190425j:image

 以上、映画などではムカつくので大概殺されるか散々な目に遭わされるというタイプの面々だ。ゾンビになっても仕方がない。だが、ゾンビ風に塗装しないと変なポーズを取ったただの市民になる。

f:id:kuzumo863:20170912192058j:image

f:id:kuzumo863:20170912192155j:image

ゾンビ「アアア…」

f:id:kuzumo863:20170912192229j:image

f:id:kuzumo863:20170912192318j:image

f:id:kuzumo863:20170912192337j:image

急に全力疾走し出すゾンビ「ウァァァァ”!!!」

f:id:kuzumo863:20170912192356j:image

f:id:kuzumo863:20170912192413j:image

マスターボックスはあまり知らなかったのだけど、ほんとに良い意味で変で妙な商品も豊富で面白いとおもった。 

往生安楽国

建築シリーズ二回目。京都の宇治にある世界遺産平等院鳳凰堂フジミ模型プラモデルを製作。十円玉の裏に描かれてるコレである。
f:id:kuzumo863:20170831103824j:image
平安時代の貴族、源融の別荘が藤原家のものとなり、後に寺院に改められたものであるらしい。この源融という人物は、やや昔活動していた某ジャ○ーズ事務所のアイドルグループ、光GE○JIの元メンバーの一人ではなく、『源氏物語』主人公の光源氏のモデルではないかと数えられる超重要人物の一人である。超重要なのかはさておき、そんな“優雅”としての象徴の建物がそう易々と寺に変えられるなんて… と思うたものだが、古より俗と聖が入り混じった薄く緩やかな宗教観が辺境の地の日本らしく、根付いていった文化的価値観はそう簡単に変わらないのだなと思われた。西方極楽浄土を再現して建てられ、阿弥陀如来を本尊としている。

 

f:id:kuzumo863:20170831104433j:image

ガラガラ…


f:id:kuzumo863:20170831104453j:image

パカーン


f:id:kuzumo863:20170831104537j:image

オッ…!?
f:id:kuzumo863:20170831104635j:image

阿弥陀如来座像<コンチハ~

f:id:kuzumo863:20170831104709j:image

ちょっと砂利の粒が大きすぎて、1/150人間と比べるとデカい岩でしかない

f:id:kuzumo863:20170831105028j:image


f:id:kuzumo863:20170831105049j:image


f:id:kuzumo863:20170831105104j:image


f:id:kuzumo863:20170831105126j:image

 

なけなしでも金、プラモでも金

 

 大学生の頃、関西地方に住んでいた私は友人とその知り合いの三人で金閣寺に訪れていた。金閣寺は歴史の教科書でしか見たことがなかったため、実物はさぞ豪華絢爛で荘厳な寺なのであろうと想像していた。だが、その期待は私のなかで脆くも崩れ去った。明瞭な色味を帯びてかつ軽薄そうな金箔のこてこてと張られてあった姿に寺社の古めかしい重厚さは感じられず、一瞬にして興醒めの感情が沸き起こってしまった。これは外国人にはその派手さが受けられるんだろうと気を取り直したことを覚えている。これはあくまでも個人的な感想である。

 さて、私はなんとも悲しい出会いとなった金閣寺だが、やはり三島由紀夫の作品『金閣寺』のイメージの存在が大きい。内容は言わずもがな、吃音症を患っていた学僧が己の醜さと葛藤をし、金閣の美に嫉妬し自殺しようと放火する話である。自殺に失敗して山へ駆け上がる最後の場面は心に鮮明に刻み込まれている。死と対面した時にだけ蝶々のごとく刹那的に現れる生命の躍動、陰鬱とした精神から解放された際のカタルシスが殊に感じられ、名状し難い清々しさを味わったものだ。

 ふとそんな金閣寺のプラモデルを作ろうと思った。屈強で洗練された戦車もいいが侘び寂風情のある寺もいい。フジミ模型金閣寺1/100スケールである。これは再建当時をモデルとした模型であり、残念ながら焼失前のものではない。

f:id:kuzumo863:20170715200311j:image


↓製作工程

f:id:kuzumo863:20170715200356j:image


f:id:kuzumo863:20170715200411j:image

↓川面に映る僅かな影

f:id:kuzumo863:20170715213035j:image

↓完成形
f:id:kuzumo863:20170715200454j:image


f:id:kuzumo863:20170715200621j:image


f:id:kuzumo863:20170715204138j:image

↓小説の主人公が死のうとした究竟頂の文字


f:id:kuzumo863:20170715200644j:image

↓黄金に煌めく鳳凰

f:id:kuzumo863:20170715200926j:image

白壁などあまり綺麗な仕上がりにできなかったがこれぐらいでいいのだ。あんまり綺麗に仕上がったら、私も金閣の美に嫉妬して明日の朝にでも燃やせるゴミに放り出してしまうかもしれないから。なんてね。これでいいのだ。

 

ヒラサワールドへ

 

今夏は個人的に行きたいライブが豊富にあり仕事との兼ね合いでどれに行こうやらと一人で一悶着していた。カサビアン、リアムギャラガー、ビョークシガーロス平沢進といった錚々たる面々。有給をとりまくって全部行く!とはいかないのでどれにしようかな神様の言うとおり…と、小学生時代に戻った私は神の意志に従って平沢進の大阪でのライブに行くことにした。

↓私のなかの“神様”のイメージ。(血と殺戮を好む戦いの女神カーリー)

f:id:kuzumo863:20170709075459j:image

私が平沢進を聴くきっかけになったのは故・今敏監督のアニメ映画『パプリカ』からだったと思う。『パプリカ』からの『千年女優』、『パーフェクトブルー』など今敏映画に嵌まっていって次第に平沢進の音楽にも飲み込まれていった。今敏ワールドからヒラサワールドへ入った口である。

f:id:kuzumo863:20170709080134j:image
梅雨の肌に溶け込むような蒸し暑さのなかを並び、会場に足を運んだ。ライブは割とステージからそう遠くはない位置を確保できたのでよかった。ライブのテーマは『第9曼荼羅』ということで9万回スネアドラムが叩かれたら楽曲が無料ダウンロードできるというもの。平沢の甲高い歌声とレーザーハープという謎めいた楽器に魅了されるばかりであった。

f:id:kuzumo863:20170709063505j:image

生活

 

病院のベッドに横たわりながら段々と意識が遠のいて恍惚を味わう、ただその一瞬の為だけにそう夢想しつつも生活を続けているのかもしれない、とふと思った。 

てー・とりーっつぁち・ちとぅーりぃ

 
f:id:kuzumo863:20170612191726j:image

第二次世界大戦に活躍したソ連軍のT-34戦車。ロシア語でテー・トリーッツァチ・チトゥーリィと呼ばれる。縦横無尽に動き回り、質より物量で圧倒的な強さを誇った中戦車。力こそがパワーだ。

f:id:kuzumo863:20170612175340j:image

↑二つのハッチを開いた姿がなんかあれミッキーっぽくね?という事からドイツ軍兵士からは“ミッキーマウス”と呼ばれていたらしい。


f:id:kuzumo863:20170612184536j:image

「ハハッ…」

f:id:kuzumo863:20170612181104j:image

傾斜装甲が特徴的。


f:id:kuzumo863:20170612181134j:image

シンプルさが良い。


f:id:kuzumo863:20170612181159j:image

前作のチャーチル戦車よりは表現の幅が少しは広がったか知らん。